出会い系サイトで出会った彼女は有名ダンサー

昔の出会い系サイトと言えば、水商売や人妻といったイメージが強かった。真剣に付き合う相手を探すのでは無くて、一夜限りの関係を求めて来るパターン。まあそれはそれで楽しい部分があるかもしれないが、実際に利用してみると、中には意外な人たちが混ざっていたりする。

彼女もそんな中の一人だった。少なくとも彼女が求めてるのはそういう関係ではなかった。なぜなら彼女は有名ダンサーだったからだ。もちろんダンサーと言っても、ミュージカル女優やメジャーな芸能人とは違い、テレビに頻繁に出てくるようなジャンルではないから、その業界に属していたなら誰もが知っているという条件がつくタイプの有名人。

実際に会ってみると、やはり普段鍛えてるだけあって筋肉のつき方もシャープだし、身のこなしも柔軟性があって、仕草全てが美しく見える。自分もジャンルは違うものの一応芸術分野に属しているので、会話はとてもスムーズに進んだ。彼女はそのままでも充分に綺麗だったし、なぜ出会い系なのか理解出来なかったが、自分からあえて深い経緯などは訊かず、彼女との会話を楽しんだ。

そんな出会いから数年経っているが、この関係は今も続いている。時には交わることもあるが、決して恋人でもなくセフレや友達でもなく、かと言って親でも兄弟でもパトロンでもない不思議な関係。

それなのに、それぞれが影響しあえる関係。
この関係が築けたことで、自分の人生に、確実に一つ楽しみが増えたのは言うまでもない。人間の出会いはつくづく不思議なものだと感じると共に、これもこの時代だからこそ味わえる経験なのだろうなと感慨にふけったりもする。