そろそろ婚活に踏み切ろう

昨日でまた1つ歳を重ねてしまいました。昔は誕生日がくるとワクワクでハッピーだったけどアラサーにもなると気分は上がらないです。去年友達の結婚式に行った時のことを思い出しました。私はもちろん心から祝福したつもりだったけど今思えば多少羨ましいという気持ちを抑えてたのかもしれません。

大学の同級生と結婚なんて憧れます。私も仕事ばっかりとかで言い訳せず積極的に動いていかないとまずい年齢に来てますね。

このままずっと1人は苦しい。この前仕事終わって家に帰ったら大きい蜘蛛がカサカサとソファーの上を走っていて軽く悲鳴をあげてしまいました。なんとか紙とかで窓の方に寄せて退治しましたけど、こういう時誰かいたらなぁと思ってしまいます。嫌なことも楽しいことも共有できる人が欲しい。そろそろ本格的に婚活に踏み切ろうかと思います。今動かないで後悔するよりよっぽどいいと思うから、決めたらすぐ行動します。いい人に出会ってみせます。

ワンルームマンションでの不動産投資

都心部でのアパート需要はとても大きなものとなっています。地方から都会へ仕事のために引っ越してくる人たちは増え続け、一人暮らしを始めることが多く、特に東京などの首都圏では、ワンルームマンションと呼ばれる賃貸アパートが人気になっています。

それで不動産投資として、そうしたアパート経営をしてみるのは賢いことかもしれません。2階建てで全部で10-14部屋くらいのワンルームマンションを建てて、それを貸し出すことができます。都心部では車を必要としない人が多いので、建物だけで良いかもしれません。

地方でのアパートの場合には駐車場があると便利です。新しいワンルームのアパートは、きれいでデザインも良いために、人気になりやすく、すぐに空室がなくなることでしょう。毎月の家賃収入が大きいので、それだけでもかなりの金額になり、とても良い不動産投資となるに違いありません。

いいねから早5年、結婚しました。

Facebookのアカウント承認が必要なタイプのアプリをダウンロードしたのは、意中の男性との進展が見込めなくなったからです。「そういうアプリ」全般にあまりいい印象を持っていなかったのにダウンロードしたのはたぶん、それほどまでに落ち込んでいたからです。

でも、そのアプリの中で偶然横顔がステキと思って自分からいいねした人が一人だけいました。

ほかの何十人かともメッセージのやりとりはしましたが自分からいいねしたのはその一人だけです。映画が好きなら今度一緒に、とは言われたもののそれ以上の催促もなく、ただ他愛ない会話を続けることが楽しくて1ヶ月以上ラインでのやり取りしかしませんでした。

気になっていた映画の公開に合わせて初めてのデートをして、そのまま順当に交際を重ね、先月結婚に至りました。今となってはあの日の横顔の写真にどうして惹かれたのかよく思い出せませんが、あの写真との出会いが運命の出会いでした。

不動産売却の流れを知る

家族みんなで何度も話し合い、最終的にマンションあるいは一戸建ての家を売却しようという結論になったのであれば、いよいよ不動産売却に向けて動き出すことになります。ではどのような流れでそれを進めていくことができるのでしょうか。まずはその土地や建物の相場をチェックし、おおまかな売却の価格を知ることができるでしょう。その金額を元に段取りを組んでいくのです。次に不動産会社を選定することになります。必ず複数の業者にアクセスし、対応や査定、信頼できるのかどうかも含め、自分たちにとってどこの業者を利用するのがメリットになるのかを見極めます。そしてそうした不動産の会社に物件の査定をしてもらうことができるでしょう。そしてその金額にある程度納得ができれば、その業者に仲介してもらうことになり、契約を結ぶという流れになります。そしてその不動産が売り出されていくことでしょう。

タクシードライバーに必要なもの

車の運転にもっと自信があればタクシードライバーに転職したいけど、今はまだそこまでの自信はなくて・・・。タクシードライバーの仕事ってやっぱり運転に自信があった方が良いに決まってますよね。

運転が未熟だとお客さんからの文句のひとつやふたつ覚悟しなければならないし、自分自身この仕事が向いていないと感じれば精神的苦痛でへこたれそう。車の運転に自信があればタクシードライバーの仕事は天職とか適職になるのかもしれませんね。

それでも運転技術だけ自信があっても、タクシードライバーはコミュニケーション能力がないとダメかもしれませんが。タクシードライバーも客商売だからコミュニケーションが苦手だとなかなか大変なのかもしれません。

目的地まで無言で運転されてもなんとなく不安になりますからね・・・。逆にしゃべりが上手すぎてもちょっと不安ですが。

婚活パーティに参加しよう

婚活をしたいと思うのは、単なる独身の人ばかりではありません。一度結婚をしていて、離婚をしたという人も、もう一度恋人が欲しい結婚をしたいと思っている人がたくさんいるのです。その人たちも、当然婚活を希望しています。自分のために将来を見据えたそのような行動をすることは、とても大切なことですね。

そこでどんな婚活をするかというと、友人に紹介を受けたりすることがあると思いますが、その確率は低くなります。そのため、確実に異性と知り合う方法として行動することをオススメします。その行動として、婚活パーティがあります。

婚活パーティは、再婚希望者だけという内容のものもありますね。そのため、そのようなパーティに参加をすることにより、もっと楽しく引け目を感じることなく知り合うことができます。じっとしていないで、再婚を希望している人は、まず参加をしてみませんか?

恋活で出会いを探す方法は?

恋愛をしたいけれど、社会人になるととたんに出会いが減ってしまいなかなか出会えないという問題が出てきます。合コンだと幹事をしてくれる人がいないとできませんが、都会では街コンが開催されていますので友達と一緒に参加する人も多いです。恋愛は偶然にかけるのではなく、こういった出会いを利用することも大切ですね。

ただ田舎だと、そのコンパすら機会がありません。そんな中で出会いを探したい人に選ばれているのが出会いアプリなのです。有料のサービスもありますが、気軽に始めるのならまずは無料のアプリがオススメです。まだ結婚までは考えていないけれど、とにかく異性と出会って恋愛のチャンスが欲しいのなら、アプリはお手ごろな出会い方です。まずはアプリ経由でやりとりをして、親しくなってから連絡先を交換して会うこともできます。もう知り合いの範囲では新しい出会いは期待できないなという時にぴったりの出会い方なんです。

タクシードライバーの仕事を検討している理由

転職先の1つにタクシードライバーを検討しています。最も気になっているポイントは、マイペースで仕事に取り組めることです。他の人に自分のペースを崩されるのが苦手で、以前から自分に合っていないと感じていました。

タクシードライバーは稼ぎやすい場所や時間帯を努力して発見さえしてしまえば、仕事で結果を残しつつマイペースに取り組むことができます。また、自分から積極的に話しかける必要がない点も魅力的です。

たとえば、営業職の場合、自分から顧客に話題を提供し、広げていかなければなりません。しかし、タクシードライバーは顧客に目的地を教えもらえば、後は目的地まで話をする必要はないです。

顧客から話を振られた場合はきちんと対応する必要はあるものの、目的地までタクシードライバーから話題を振り続けることはないです。条件が良い求人が見つかれば、応募したいと思っています。

出会いはいろいろな形である

人との出会いというのは人生を豊かにしてくれるということもありますし、具体的なメリットに繋がったりするということもあります。友人ができるということは人生において大いなるプラスであることは間違いないですしさらに言うのであればなんといっても伴侶を得られる可能性というのもあったりするわけですから出会いというのは積極的に求めていくという必要性があるのは言うまでもないことでしょう。

但し、良い出会いもありますし、よろしくない出会いというのも存在しているわけですから、どのような形での出会いを求めるのかということが重要になります。偏見はよろしくないのですが出会う場所によってその人の人品もそれなりに判断することができるということもあるわけで自分が求める人がどの程度のレベルの人なのかということによってどこで出会おうとするのを狙うのかということも考える必要性があるわけです。

ルックスではなく「中身」で決めること

婚活で相手のルックスは重要視しますか?
それはおすすめできません。
その理由を3つお伝え致します。

1,ディフェンス(浮気防止)が大変
ルックスが良いとモテます(キッパリ)。
近寄ってくる異性が後を絶ちません。
いろんな場面で相手は罠を仕掛けて、あなたのパートナーを誘惑してきます。

2,相手の立場が上になってしまう。
自分のルックスに自信がある方は別ですが、相手の方が自分よりルックスが良いと悲しいことに下に見られがちです。

3,見慣れます。
顔は見慣れます。体型は努力でどうにでもなります。

結婚とは彼氏、彼女のお付き合いと違い、何十年も共に生活するパートナーです。
完璧を求めてはいけません。完璧な人間など存在しません。
妥協したくない気持ちはわかりますが、優先順位から考えてください。妥協するのは「ルックス」、妥協しないのは「中身」です。
思いやりのある方と結ばれますように。